• ホワイトTwitterのアイコン
  • iTunesの - ホワイト丸
  • Spotifyは - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸

#EnsembleFOVE

© 2019 Ensemble FOVE / FOVE Records

Contact : info@fove.tokyo

photo:Yoshikazu Inoue, Nozomi Teranishi

Art by Hideki Inaba

2019.03.27

TALKING ABOUT "SONAR-FIELD" – Crosstalk vol.1-1

坂東祐大代表)×  稲葉英樹デザイン)×  前久保諒(制作)

"チームで、楽しく何かを作っていく"

 3月30日(土)、31(日)、SHIBAURA HOUSEにて、Ensemble FOVE presents “SONAR-FIELD” 公演を開催します。SHIBAURA HOUSEの2018年度フレンドシップ・プログラムに採択された本公演は、初のオリジナル・プロジェクトとして2018年3月に同会場で開催して以来、約一年ぶりの再演となります。

  初演から大胆にパワーアップした本公演のポテンシャルをより多角的に体験してもらうべく、主宰の坂東祐大が、2018年秋の”TRANS”京都公演以来FOVEのグラフィック・デザインに携わる稲葉英樹、制作の前久保諒を交えて、公演のコンセプトにまつわる座談会を行いました。

  ”SONAR-FIELD”公演のキャラクターだけでなく、Ensemble FOVEというアンサンブルの未来のビジョンにまで話題が及んだ、キーワード多発の濃密なトークをお届けいたします

​(構成:前久保 諒


“互いのスタイルやテクニックが融合していないと、ある一定以上のものにはならない”

 そういった出会いと少し似てるけど、音楽に対しての視覚があるならば、チラシやポスター、スリーブ、みたいな枠組みだけではなく、それぞれの表現がひとつの作品で、影響を受け合わないとつまらないと思う。坂東さんの考え方にはそういうものがたくさん含まれていると思います。いつも全く関係ないことばかり話してますね(笑)

坂東:そうですね、全然関係ないことばっかり話してますね。

前久保:この鼎談を始める前もネガティブな話で盛り上がってましたけれど(笑)

稲葉:坂東さんが座った途端にね。

坂東:すみません(笑)

稲葉:でも、この鼎談もそうだけど僕の仕事と坂東さんたちの仕事はどこかちょっと似てると思っていて。坂東さんも自分自身で考えながら段階を踏んでいくじゃない。その一方で社会的な面として制作というのもあって。この異なる二つのギャップは難しい。とは言っても、作品作りばっかりやってても見逃す部分もあってね。

坂東:そうですね。ギャップはやっぱりありますね。そういう意味では最近ギャップに対してポジティブにいくことが増えてきた気がするな。

稲葉:無理にならなくてもいい気がするけど(笑)ただ僕の仕事でも、普段からああだよねこうだよねとか話したり、お互いのスタイルやテクニックが融合していないとある一定以上のものにはならないよね。

坂東:たしかにそうですね。

稲葉:坂東さんと話してるとよく思う。「へえ、作曲家ってそういうところまで気にするものなのか、面白いな」って。ただ今の話を聞いてるとみんながそうじゃないよってことかなあ?

坂東:そうですね。アーティストとしてというか。いわゆる職業としてわりきって活動するスタンスの人と、ちゃんと自分の表現をしたいっていう人と、そのどちらもをバランスよくやっている人と音楽家は分かれている感じがあるんですけど……。

稲葉:壮大(笑) それは良く言われているかもね。でももしかしたら本人たちに尋ねてみたらそうは思ってない可能性もあるし、みんなが個であり何かしらの表現者であるだろうから、今の時代としては選択の自由なのかなあ。


SONAR-FIELD plan 2019 by Zu Architects

“生でやってるときの情報量が普通のコンサートよりかなり多い”

”計算とか筋書きが過去や未来に縛られず、今として、楽しく何かを作っていく”
dm_cover.jpg

Ensemble FOVE presents “SONAR-FIELD”

耳が、探し出す。- 仕組まれた発見 –

日時:2019年3月30日 (土) 15:30-16:15 (入場時間) / 18:30-19:30 (入場時間)
31日 (日) 14:00- 14:45 (入場時間)/18:00-19:00 (入場時間)

完全予約制:全チケット入場時間指定 (5分刻み、公演時間約60分)

会場:SHIBAURA HOUSE

主催:Ensemble FOVE

料金:前売りのみ 3,500円

チケット:Confettiにて発売中

SHIBAURAHOUSE 2018年度フレンドシップ・プログラム 採択企画