2019.03.30 & 31

TALKING ABOUT "SONAR-FIELD" 2019

With Ensemble FOVE and Kei Machida (Zu architects

出演メンバーと会場構成を担当した町田 恵さん(Zu architects) に、今回の公演やFOVEの活動のことを尋ねました。

(本記事は、2019年3月30日、31日にShibaruahouseにて行われた SONAR-FIELD にて配布された記事を再掲載したものです。)

SONAR-FIELD plan 2019 by Zu Architects

──SONAR-FIELDは昨年もこの会場で上演しましたが、再演にあたって変更したところはありますか?

 

町田恵:前回は純粋に建物と音楽の空間を体験させることを主眼にしました。今回はそれに少しだけ恣意的な秩序を与えることにより、どのような変化がうまれるのか(あるいは発生しないのか)楽しみにしています。

 

坂東祐大:音楽面でも前回からさらにバージョンアップを行い、作品として進化させることが必須だと思いました。今回のひとつのテーマとして、お客さんとのコミュニケーションをさらに進化させています。


中川ヒデ鷹 (Bassoon):それだけでなく、メンバーと編成が異なりますね。作品に関しても、前回より自由に演奏ができるような工夫がなされています。

dm_cover.jpg

Ensemble FOVE presents “SONAR-FIELD”

耳が、探し出す。- 仕組まれた発見 –

日時:2019年3月30日 (土) 15:30-16:15  / 18:30-19:30 
31日 (日) 14:00- 14:45  /  18:00-19:00 

完全予約制:全チケット入場時間指定 (5分刻み、公演時間約60分)

会場:SHIBAURA HOUSE

主催:Ensemble FOVE

SHIBAURAHOUSE 2018年度フレンドシップ・プログラム 採択企画

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • iTunesの - ホワイト丸
  • Spotifyは - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸

#EnsembleFOVE

© 2019 Ensemble FOVE / FOVE Records

Contact : info@fove.tokyo

photo:Yoshikazu Inoue, Nozomi Teranishi

Art by Hideki Inaba